ケノンでツルツルの効果

ケノンでムダ毛つるつる、その効果の真相に迫る

ケノンはできるだけお肌に優しい光が照射できるよう、研究と開発が繰り替えされています。
そのため照射口と光の強さを家庭用脱毛器最大と言われながらも、肌トラブルはとても少ないと報告されています。
しかし、それ以前にフラッシュ式の脱毛器は、処理中にお肌を傷つける必要がありません。
例えばカミソリを使用している場合、とても手軽で結果が見えやすいのでこの方法を続けている人もいるかと思います。
しかし、カミソリを使用しているということは、毎回剃る度に皮脂を削り取っているのと同じことです。
長年カミソリを使い続けていると色素沈着を起こしてしまいます。
そしてお風呂場でカミソリを使うということは、その傷ついた肌にバイキンが入り込んでしまう危険性も増すということです。
毛抜きも同様、無理やり引き抜いた毛穴は開いていて、そこに細菌が入り込んで、繁殖してしまう場合もあり、思っている以上にリスクがあります。
これは電動シェーバーや熱線除毛器にも同じことが言えます。
傷のない素肌を保つだけで、お肌の艶がまったく違ってくることはケノンを使うと実感できます。
剃る、抜くという作業は手軽ですが、抑毛効果はまったくありません。
そのためどうしても同じ作業の繰り返しになり、お肌を傷つけてしまいます。
ケノンは処理した次に生えてくる毛は、細く弱々しいものになり、なんどか処理していくうちに生えてこないようになります。
艶があり、透明感のある素肌を保ちたいのであれば、ぜひケノン脱毛器を使ってください。

 

ケノンの効果を写真&画像で公開します。


このページの先頭へ戻る